狭小住宅なら土地代を抑えられる!!家族の距離も縮まるかも!!


土地の購入費用を抑えて家が建てられる

家を建てるには土地が必要なので、家が欲しいならまず土地を探す必要があります。それ以外にも家を建てるためのお金も必要で、予算内に抑えられるよう考える必要もあるでしょう。さらに立地もそれなりにいいところでないと住みにくくなる可能性が出てきますが、良い土地を一定の予算内で手に入れるのはかなり難しく、通常は立地を諦めるか無理のある予算で建てるかが必要でしょう。そこで選択肢として加えるといいのが狭小地での建設です。一戸建てを建てるのが難しそうな狭い土地でも、特別な設計を施すと通常の住宅と同じ様に住める家が建てられます。立地のいいところだと土地の値段が高くなりますが、狭いなら土地の購入費用を抑えられ予算内に抑えられるかもしれません。

家族との距離が近くなる狭小住宅

お金に余裕があるならできるだけ広い土地に広い家を建てて住みたいでしょう。家が広ければ一人当たりの面積も広くなるのでそれだけ自由に住めるようになります。ただ家族同士に距離ができてしまい、互いにコミュニケーションがしにくくなる可能性があります。いろいろな事情で広い土地はおろか一般的な広さの土地も買えないときは狭小地に狭小住宅を建てないといけないかもしれません。デメリットも多くなりますが、メリットとして家族との距離が近くなる点が挙げられそうです。各階にたくさんの部屋を作れませんが、1階にリビングなどの共用の部屋を作れば自然に家族が顔を合わせやすくなります。階段下などのデッドスペースに子供の遊び場を作れば子供の様子も見やすくなるでしょう。

狭小住宅とは一般的に約15坪以下の土地に建てられたコンパクトハウスのことです。固定資産税などの税金や維持費を安く抑えるなどのメリットもあります。